ロゴ

トップページ > 介護用語集「せ」行

介護ソフトを知る

知りたい用語を入力して検索ボタンをクリックしてください。 または知りたい用語の頭文字をクリックしてください。

  • あ
  • い
  • う
  • え
  • お
  • か
  • き
  • く
  • け
  • こ
  • さ
  • し
  • す
  • せ
  • そ
  • た
  • ち
  • つ
  • て
  • と
  • な
  • に
  • ぬ
  • ね
  • の
  • は
  • ひ
  • ふ
  • へ
  • ほ
  • ま
  • み
  • む
  • め
  • も
  • や
  • ブランク
  • ゆ
  • ブランク
  • よ
  • ら
  • り
  • る
  • れ
  • ろ
  • わ
  • を
  • ん
  • ブランク
  • ブランク
新着情報

介護用語集「せ」の検索一覧

見出し生化学検査(せいかがくけんさ)

血液・尿・便を採取し、その中に含まれる化学物質の量を測定することで、健康状態や病気の程度を調べる検査。幅広い疾患の発見に役立っていると言われている。

見出し生活援助(せいかつえんじょ)

料理や洗濯、掃除など日常生活をサポートすることをいう。

見出し生活指導員(せいかつしどういん)

認知症や知的障害者などの生活全般に関わる指導や金銭の管理事務、関係機関との連絡を行う専門職員のこと。福祉施設や援護施設に配置される。

見出し生活相談員(せいかつそうだんいん)

適切な相談、援助等を行う能力を有すると認められる者とされている。特別養護老人ホーム、指定介護老人福祉施設、通所介護事業所などに配置され、利用者の相談、援助等を行う者をいう。

見出し生活保護制度(せいかつほごせいど)

生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としている。

見出し精神保健福祉士(せいしんほけんふくしし)

精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格。精神科ソーシャルワーカーともいう。精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職。

見出し成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度のこと。

見出し成年後見人(せいねんこうけんにん)

成年後見制度において、成年被後見人の保護を行う人。成年被後見人の意思を尊重しながら法律行為の代理・取消や財産の管理を行い、また療養看護の義務を負う。

見出し整容(せいよう)

洗顔や歯磨き、整髪、爪と整えること。

見出し全介助(ぜんかいじょ)

全面的に介助を行うこと。利用者の自立を考え、利用者自身の残存能力を生かしながら、介助の方法を工夫していくことが大切である。

見出し前期高齢者(ぜんきこうれいしゃ)

高齢者のうち、65歳以上、75歳未満の人のこと。

見出し全身清拭(ぜんしんせいしき)

入浴できない場合に、濡れたタオルなどで全身を拭くこと。汚れを取るだけでなく、マッサージ効果やリフレッシュ効果も期待できる。

株式会社インタートラスト

まもる君

株式会社日本ケアコミュニケーションズ

キャンビルプラス

株式会社KDDIエボルバ

けあ蔵

株式会社エス・エム・エス

カイポケ

ニップクケアサービス株式会社

楽すけ

有限会社ミッツコミュニケーションズ

ヘルパーアシスト

株式会社エフワン

ケアマネっ子

株式会社ビーシステム

ファーストケア

いきいきメディケア

いきいきメディケア