ロゴ

トップページ > 介護用語集「う」行

介護ソフトを知る

知りたい用語を入力して検索ボタンをクリックしてください。 または知りたい用語の頭文字をクリックしてください。

  • あ
  • い
  • う
  • え
  • お
  • か
  • き
  • く
  • け
  • こ
  • さ
  • し
  • す
  • せ
  • そ
  • た
  • ち
  • つ
  • て
  • と
  • な
  • に
  • ぬ
  • ね
  • の
  • は
  • ひ
  • ふ
  • へ
  • ほ
  • ま
  • み
  • む
  • め
  • も
  • や
  • ブランク
  • ゆ
  • ブランク
  • よ
  • ら
  • り
  • る
  • れ
  • ろ
  • わ
  • を
  • ん
  • ブランク
  • ブランク
新着情報

介護用語集「う」の検索一覧

見出しウイルス性肝炎(ういるすせいかんえん)

肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。A型、B型、C型、D型、E型など、ウイルスによって種類がある。

見出しウェルニッケ失語(うぇるにっけしつご)

言い間違いや、「あれ」「これ」という指示語を使うなど、内容がともなわない発言が多くなる症状のこと。感覚性失語ともいい、比較的上手に話すので一見して分からない。

見出し迂遠(うえん)

思考障害の一種で、話が回りくどく、枝葉末節にとらわれて、なかなか話の目標に達しないものを言います。 てんかんや認知症の患者に多く見られる症状です。

見出しうつ状態(うつじょうたい)

一過性に憂鬱になり、気分がおちこみふさいでいて、元気(活力の源)が失せて、心身の不調をきたした状態。、「眠れない」「食べられない」などさまざまなつらい症状も伴うため、日常生活に大きな支障を来したりするようになる。

見出しうつ熱(うつねつ)

体温調節がうまく出来ず、体温が異常に上がる状態をいう。頚髄(けいずい)損傷や太陽からの熱で自立神経機能が阻害された時に起こる。衣服をゆるめて体温を下げる必要がある。

見出しうつ病(うつびょう)

精神障害の一種であり、抑うつ気分や焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。

見出し上乗せサービス(うわのせサービス)

公的介護保険において保険給付の対象となっている基本サービスの量を、介護保険法が定めた支給限度額(保険給付の上限)を超えて利用できるように増やした部分のサービスをいう。介護保険法の基本サービスが対象となり、各自治体の裁量で引き上げを決定できる。

見出し運動機能障害(うんどうきのうしょうがい)

脳の運動中枢から下位運動神経細胞までに、脳性麻痺、脊髄性麻痺、筋萎縮症などの病変があり、顔面や四肢および体幹の機能に何らかの障害があって、運動や動作をうまく行えない状態。坐ることや這うこと、歩くこと、物を落とすこと、スポーツなどが上手にできないなどの状態が起こる。

株式会社インタートラスト

まもる君

株式会社日本ケアコミュニケーションズ

キャンビルプラス

株式会社KDDIエボルバ

けあ蔵

株式会社エス・エム・エス

カイポケ

ニップクケアサービス株式会社

楽すけ

有限会社ミッツコミュニケーションズ

ヘルパーアシスト

株式会社エフワン

ケアマネっ子

株式会社ビーシステム

ファーストケア

いきいきメディケア

いきいきメディケア